smt wt fs
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
profile
recommend
天使のくれた時間 デラックス版
天使のくれた時間 デラックス版 (JUGEMレビュー »)

地位、名誉、お金、愛、家族
あなたは何が一番大切ですか?
私の人生観を大きく変えた作品
recommend
 (JUGEMレビュー »)

今でも十分通用するストーリー性とダンス、圧巻です
recommend
ミセス・ダウト〈特別編〉
ミセス・ダウト〈特別編〉 (JUGEMレビュー »)

家族愛とは何か、コメディタッチでたくさんの笑いと少しの感動で教えてくれる1本

ロビンウィリアスの数々の名作の中でも、上位にランクインする作品
access counter total
ブログパーツUL5
new entries
categories
archives
recent comment
sponsored links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< 子供達 | main | GIANTS >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -

『This Is It』注:一部、内容記述があります

 ※一部、「This is it」の映画内容の記述がありますので、ご了承下さい。

必死の思いでtichetをgetし・・・

と言いたいところですが、かなり容易にget
公開前の盛り上がりだけで、案外人気ないのかしら?

と思いつつ、構わず観てきた

多少酔っ払いなので気分任せでつらつらと感想

・・・気づけば最近、Michelネタばかりだわね

と言いつつも内容に言及はせずに、まちまちの個人的感想だけをお伝えします

まちまちは
涙が止まりませんでした

オープニングでいきなり号泣
ところどころで涙があふれ
エンディングでまた号泣

…怖いよね(笑)

映画終了後、会場が明るくなっても泣いているのは
人の目が気になるまちまちとしては
「どんだけマイケルファンだよ!」
と思われちゃってさすがに恥ずかしいので
 
エンドロールでとにかく涙を止めて冷静を装うのに必死
そんなラストを過ごしてしまいました

でも、周りには号泣で席を立てない人がちらほら・・・

そこで、まちまちの後悔を含めアドバイス
「涙があふれたら、気にせず号泣しましょう」


それにしても、なんでこんなに涙が止まらないのだろう・・
と分析してみました

その理由は
彼がこの世を去って以降初めてまちまちは
「彼はもうこの世にいない」という事実をようやく目の当たりにしたからだと思います

彼が人生をかけて表現しようとした舞台
そのためのリハーサルの数々、一緒に築きあげるメンバー
それがもう幻でしかなく
もう、かれの生み出す芸術を二度と見ることはできないという事実を
突きつけられたからだと思います
まちまちにとってこの映画は、追悼式なんだと・・


そして、この映画で
彼の魅力とはいったい何なのか
具体的に明確に納得しました
彼は
感じたこと、「passion」を
形に表現できるのですね

「どうしようもない感動」ってあるでしょ?
自分を壊してしまいたくなる程の感動、心の揺さぶり
なんともいたたまれない感情・・・

彼はその感情をそのまま形にすることができる

歌・音という聴覚と、ダンスという視覚から
感情を、彼が思うままに形に表すことができる人間なんだと
そして彼自身もそれをいかにして伝えるかということに力を注いでいたのだと
やっと分かりました

そのことが
まちまちにとってうらやましく
でもどう転んでも自分には為し得ることができず
尊敬に値するのだと
納得しました

あんな風に感情を表現できたら・・
それが、芸術家=Artistというものなのですね
世界には画や音楽、演技等々いろんな形のArtistがいらっしゃいますが
こういう感情で表現しているのでしょう

芸術家ってすばらしい職業です!!!

芸術家に限らず、何かに情熱を傾け
一生懸命やり遂げることの大切さを
この映画を通じて改めて感じさせられました

また明日から
自分を信じてがんばろう

といいつつも今日は映画の後に
ゴルフ&パチンコ&麻雀談義に花を咲かせてしまい
今となっては全く余韻がない(T_T)

また観に行きます
その時は、違う角度で冷静に見たいと思います


※映画内容の記述は無いに等しかったですね

at 00:48, まちまち, movie

comments(0), -

スポンサーサイト

at 00:48, スポンサードリンク, -

-, -

comment