smt wt fs
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
profile
recommend
天使のくれた時間 デラックス版
天使のくれた時間 デラックス版 (JUGEMレビュー »)

地位、名誉、お金、愛、家族
あなたは何が一番大切ですか?
私の人生観を大きく変えた作品
recommend
 (JUGEMレビュー »)

今でも十分通用するストーリー性とダンス、圧巻です
recommend
ミセス・ダウト〈特別編〉
ミセス・ダウト〈特別編〉 (JUGEMレビュー »)

家族愛とは何か、コメディタッチでたくさんの笑いと少しの感動で教えてくれる1本

ロビンウィリアスの数々の名作の中でも、上位にランクインする作品
access counter total
ブログパーツUL5
new entries
categories
archives
recent comment
sponsored links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< オセロ | main | お誕生日焼肉  「東海亭」 at 西麻布 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -

富士登山

 
ねーねが今日の夜から富士山に登るんだそうだ

いいねぇ!

そういうものにわりと興味の薄かったねーねですが
ワールドカップとか山登りとか一緒に話せることが
ちょっと嬉しい

まちまちのグッズを貸し出しました

気をつけて楽しんでおいで〜〜

さておき
気がつけばまちまちの富士登山
2年も前だっ!!

かなり古いネタだけど
いまさらblog UPしときます


<まちまち 富士登山日記>

 7月3連休の2日間を使っての登山
 8時新宿発のバスツアーです
 
 が・・
 出発早々 山場が訪れました

 「東名は大渋滞ですので、何時に着くかわかりません・・
  みなさん、バスの中でよ〜く休憩して睡眠を取っておいて下さい!」

 とツアーガイドさん

 結局14時頃に到着
 富士山まで6時間もかかったっ!!
 登前からそーとーへとへと・・


 杖を購入して
 16時から登山開始!

 だいぶ歩いて どこまで来たのかな〜と思ったら
 ここからが入口だった
 気を取り直してスタート
 暑さのせいでけっこうキツイ



 6合目付近
 頂上は見えないけど
 この辺りからようやく山登りって気がしてきた  



 雲が眼下に広がる景色
 壮大です




 見上げるとこんな感じ
 7合目が見えます 高原みたいだね〜
 凄いのは人の渋滞
 でもこれも序の口
 このあと、こんなもんじゃないひどい渋滞が待っていました・・
 右下が富士山で合流した富士山専用ガイドさん
 なかなかかっこいい
 毎日登ってるらしい(どんだけ〜)



 7合目到着
 以外とへっちゃら
 富士山らくち〜ん☆(←これが甘かった)



 さらに上へ
 日が沈みます
 だんだん涼しくなってきた
 このライン まさしく富士山の山肌を登ってるカンカク とても不思議です
 だっていつも下から見る富士山をクローズアップすると
 そこに人が登ってるってことでしょ?
 木々がないし、まさしく富士山を登ってこういうことね



 そして一気に日は暮れ 気温は一気に下降

 8合目の宿で仮眠
 ほんとは5時間くらい眠れたはず(?)

 だけど
 道渋滞で登山開始の遅れ
 さらに頂上に向けた人渋滞予測のため

 早めに出発しよう、というガイドさんの判断により
 なんと睡眠1時間・・

 もちろん 睡眠は川の字で
 男女別々で
 一人1畳は与えられません


 たしか22時半くらいにはもう出発していたような気がします・・
 こんな感じ



 寒さ対策万全にして
 登山開始
 風が強いので眼鏡登山です

 頂上でご来光が見えないかも・・ってことで
 急遽、ガイドさんは下山道から登る判断をしました


 ・・・8合目からなんでこんなにキツイの!?
 ・景色が見えない
 ・寒い
 ・眠い
 ・酸素が薄い
 ・下山道から登るので道が急坂

 そして何より・・
 ・人渋滞!!!
 数歩進んでは立ち止まる状況

 立ち止まると、眠気で膝がガクっとなり(電車の中みたいな感じね)
 ガクっとなるのに加えて、あまりの坂道でひっくり返りそうになり(こわいこわい!)

 手ぶれがひどいけどこんな感じ
 (鳥居があるのね)

 下山道を登人たちもこんなに・・
 すごく急な坂道だってこともわかるかしら?
 上に見えるのはお月様

 たぶん9合目まではまちまちが眠気や酸欠と戦い
 9合目から頂上まではゆーさんが眠気と酸欠に苦しみ


 そしてようやく頂上へ


 間もなく夜が開けます


 開けました!
 これが日本で一番高い場所からのご来光
 キレイ・・
 (昨年の年賀状になりました)


 ご来光とまちまち
 ひどいです(笑)
 頂上はめちゃめちゃ寒いです

 軍手は 高校部活で使っていたもの(穴が空いていたのでこれで使い納め)
 レインウェアは、中学の槍ヶ岳登山の時に着用してたもの なつかしいでしょ〜!
 (意外と使えました。捨てずに持っておくものですね〜
           でも素材は最近のもののほうが格段にいい気がします・・)



 まだまだ登ってくる  すごい人です
 景色は最高です



 雲と雲の切れ間から見える地上はこんな感じ


 逆に山頂付近の登山道近くはこんな岩肌


 山頂の火口をのぞき込んでみた
 恐いです


 山頂の山小屋はものすご〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜い人で
 近づくのも困難を極めていたので行きませんでした
 (竹下通りで将棋倒しがあった時みたいに見えた)

 山頂石碑も当然人気スポットなので近寄らず

 もう体力限界(とくにゆーさん)なので
 早々に下山開始

 しか〜し!
 まちまちにとっては下山がいちば〜〜〜ん辛かったっ!
 ・どんどん暑くなる
 ・下まで見渡せるほど単調な道
 ・砂の上をひたすら歩き、足がパンパン

 休憩しつつ下るものの もう歩き出したくなくなります
 ちょー機嫌の悪いまちまち
 
 そして風邪で巻き上がる砂
 どんどんきつくなる日差し

 「ここは火星ですか!?」と言いたい感じ

 日焼けも気になるし足は痛くなるし
 ・・・とうぜん写真は無し

 一気にくだり ようやく到着

 へとへと・・・それでも最後は笑顔! 達成感!!
 (めがねくんとめがねちゃんです)

 実はもう一つの渋滞が・・

 この後、温泉付きのツアーだったのですが・・
 温泉で洗い場待ち渋滞・・
 裸体の女性オンパレード!!

 なんとも屈辱的
 なんでこんな辱めに (←と、全ての女子が思っていたはず)
 幸いに3人くらいしか並んでいなかったためすぐに順番が回ってきたけど
 お風呂につかる頃には並びきれずに折り返すほどの長蛇の列

 ま、これもいい社会勉強ね


<登り終えた感想>
 山登りはきつく
 「なんでこんな思いして登ってるんだろう」 
 と我に返ることもあるけれど
 山頂の景色に出会うと全ての疲れを忘れてしまう

 そして
 死ぬまでに登りたかった念願の富士登山を達成できた満足感
 まちまちの人生にまた一つ「済」の文字が描かれました

 また登りたいけど
 次は槍ヶ岳とかアルプス系の方がいいかな
 もっと景色を楽しみたいな

 まちまちの「山」好きを再確認



 さて、次は何をしよう?
 と思いつつ
 あれから少しずつ「済」が増えている
 今日この頃です


 ねーねがんばれ!
 ねーねの感想を楽しみにしよう

at 16:16, まちまち, sports

comments(4), -

スポンサーサイト

at 16:16, スポンサードリンク, -

-, -

comment
ゆき, 2010/07/31 11:16 PM

中学、槍じゃなかったんだっけ?アタシは山の学校で人生の山登りは最初で最後と決めたくらいキツかったなぁ。死んじゃうかと思ったし。
まちは山好きなのねー。
というか中学の時のレインウェア取ってあることに驚いた。

まちまち, 2010/08/01 1:36 AM

ゆき
中学は槍だったよ〜。ゆきは白馬?山はダメだったかぁ。まちまちは代わりに海が苦手だからさ、ゆきは海派だよね。きっとどっちかなんだね〜(と勝手に決めつけてる)
レインウェア、だって1回しか来てなかったし、また山登りたいって思ってたし・・
リュックがどっかいっちゃったのよねぇ〜仕方なくこのときに2つ購入したわ〜。ゆきはリュックどうした?

ねーね, 2010/08/01 7:14 PM

行ってきたよ〜♪
まちまちの富士登山の話しが、すっごく役に立ったよ!ブログアップするね〜☆

まちまち, 2010/08/01 11:34 PM

ねーね
よかった〜☆
blog楽しみにしてるね。